野生鳥獣による農作物被害は、中山間地域を中心に全国的に深刻化しており、鳥獣被害対策においても、鳥獣対策の担い手不足、捕獲が効率的ではない、捕獲した鳥獣の処理に困っているなど、多くの課題があります。この様な状況を踏まえて、株式会社プランドゥ・ジャパンでは、農林水産省の令和2年度鳥獣被害対策基盤支援事業(鳥獣被害対策技術全国検討会開催事業)である、『鳥獣被害対策技術全国検討会(第8回全国鳥獣被害対策サミット)』を運営を担います。今年度は、「効果的な鳥獣被害対策は連携と共有から~持続可能な農村の未来を考える~」というテーマで開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、実開催は中止とし、後日(3月中旬)農林水産省のYouTubeチャンネル(maffchannel)に掲載いたします。
鳥獣被害対策に係るポスターセッションや資機材展示についても動画を掲載いたします。

詳しくはサミットチラシをご覧ください (サミットチラシPDF) 

第8回 全国鳥獣被害対策サミット

<サミットの動画(maffchannel)はコチラ!!>

1

令和2年度 鳥獣対策優良活動表彰受賞者からの報告(90分)

令和2年度 鳥獣対策優良活動表彰を受賞された方から取組をご報告いただきます

2

全国の鳥獣被害対策の事例講演

①基調講演

「 国境の島における戦略的ニホンジカ対策 」
~ 10年後の対馬を見据えた国・県・市の連携と挑戦 ~
松岡 法明 氏 環境省対馬自然保護官事務所
齋藤 ももこ 氏 一般社団法人 daidai

②取組事例紹介

取組事例の紹介
「体験と共有から始まった集落ぐるみの獣害対策
~地域資源の活用と集落環境の改善で集落再生~」
小柳 繁 氏(上三光清流の会)

取組事例の紹介
「地域課題を掛算で解決する!~獣害対策支援の活動を振り返って~」
沖 浩志 氏(合同会社アルコ)

取組事例の紹介
「“つづける”ということ”~課題に応じた人材確保~」
木下 卓也 氏(日野郡鳥獣被害対策協議会)
✽講演タイトルは当日変更になる場合がございます。

出展の方は募集要項をご覧ください (募集要項PDF) ページ上部のリンクよりお申し込みください(募集は終了しました)